logo

giinikaとは  最新号(vol.3)もくじ  販売店  ご購入方法


【読書の秋のgiinika企画】、さらに蔟mabushi、umuiにてgiinika読めます!

giinikaを販売くださっている飲食店さんにて開催中のgiinikaのお見合い試読企画【読書の秋のgiinika読めます企画】。このたびはくらしnoie蔟mabushiさん、umuiさんにも『giinika』1号・2号の見本本を置かせていただきました!

蔟mabushi 蔟mabushiの蔟プレート 蔟mabushiのデザート 蔟mabushiの外観

さんには平日にお邪魔しましたがお昼時はお客さんでいっぱいでした。遠藤さんと茅野さん、このお二人にお会いすると、もう途端にほんわかとして、楽しさでにこにこしてしまいます。お座敷の陽だまりのなかでいただいた蔟プレートも、やっぱり幸せ。お日さま農園さんのお野菜は、蔟さんの手によりスパイスやレモンなどと合わさって一層滋味深いおいしさ。なかでも葉っぱを食べる種類のサツマイモ「すいおう」は我が家でも配達でいただきましてすっきりとした甘さが印象的でしたが、蔟さんでは大学芋にされていて、なるほどさすがな素敵アレンジでした。まんまるのコロッケは、秋鮭のクリームコロッケ。キッシュと一緒に最後まで大事に大事にとっておき、今生の別れの思いで最後の一口をいただきました。蔟さんではデザートもすべて手作りされており、この季節はモンブランやりんごのタルトなど、やっぱりたまらぬラインアップ。そしてチャイもますます沁みる季節。ちなみに蔟さんは、11月25日(木)まで冬準備のためお休み中です。ぜひ来週26日(金)以降にてお運びください!

次年子窯の制作風景 umuiの高橋さんと恵美子さん umuiのやさいのさら umui店内の『giinika』試読本

そして『giinika』1号にもご登場の言わずと知れたパワフルスポット、umuiさんと次年子窯さん。まずは1階の次年子窯さんにお邪魔すると、高橋さんが太鼓を叩くようにドシンドシンと奥で作業されている姿が。お尋ねすると、お風呂の底をつくっていらっしゃるとのこと。細長い粘土を円状に並べ、隙間ができたり焼いた際にひび割れが起こったりしないように、長さや厚さを確かめながら、じっくりじっくり伸ばします。この途方も無い作業を傍から拝見していてあらためて尊敬の思いでしたが、高橋さんはいたって朗らか。恵美子さんもお疲れのなか、お会いするなり全開の恵美子さん節とおもてなし。umuiさんと次年子窯さんに伺うと、いつもスケールのでかいお二人の世界観にちゃぷんと浸かるような感じですが、この日も笑ってばかりでした。おいしいごはんと楽しいひとときをいつもありがとうございます。umuiさんでは今週20日(土)にミナクマリさんのライブがおありとのこと。また、23日(火・祝)はmanomaのマツーラさんとのコラボランチもまだまだ予約受付中だそうです。umuiさんはイベントも盛りだくさんですので、ぜひよい機会にお運びください!


★『giinika』1・2号は下記のgiinika販売店さんにてお席でお読みいただくことができます。ぜひお食事や喫茶の合間にご覧ください!

What to Read Next...

More »