logo

giinikaとは  最新号もくじ  販売店  ご購入方法


販売店紹介:川西町フレンドリープラザ!

川西町の複合文化施設川西町フレンドリープラザさんでも『giinika』を取り扱っていただいております!

実は少し前から館長の栗田政弘さんのご厚意で販売いただいておりましたのですが、このほどようやく川西町フレンドリープラザさんにお伺いすることができました!この日はちょうど「昼下がりのステージ」と題してロビーにてライブが開催されており、出演された阿部洋子さんと鄭宇宏さん、さらには川西町フレンドリープラザおよび遅筆堂文庫のスタッフのみなさんにもお集まりいただいてパシャリと撮影。上段左から、遅筆堂文庫研究員の林さん、鄭さん、館長の栗田さん、下段左から、阿部さん、川西町フレンドリープラザスタッフの仁科さんです。みなさまご協力いただきありがとうございました!

川西町フレンドリープラザさんは、作家で劇作家の井上ひさしさんの約7万冊におよぶ蔵書が川西町に寄贈されて1987年にオープンした遅筆堂文庫と、川西町立図書館、劇場等を備える地域の文化活動拠点。遅筆堂文庫は、井上ひさしさんがご自宅の書架で分類されていた項目をそのまま引き継いで棚をつくられていたり、残されたご本人の書き込みや付箋まで直に閲覧することができたりと、非常に細やかで贅沢な図書館です。雑誌や一部の書籍については今もなお整理中とのことで、その蔵書数とジャンルの幅広さにはしみじみと圧倒されます。

劇場のホールでは講演会や寄席など、年間を通じて様々な催しが企画されていますが、図書館でもおはなし会のほか、「夜の図書館」と題して閉館後の図書館を舞台に各回異なるテーマでコーディネーターとともに語り合う会なども開催されているのだそう。

この日のロビーでのライブも、日頃から川西町フレンドリープラザを利用する方々が集われているのかなといった、とても和やかな雰囲気でした。

5月もイベントが目白押しのようすです。スケジュールはホームページfacebookページをぜひご覧いただきお運びください!

What to Read Next...